製品紹介
Product

防草・蔦返しフェンス

防草・蔦返しフェンス

製品特長

道路上への蔓(つる)性の植物雑草侵入を防止する、画期的な防草工です。既設の防護柵に取り付けるだけの簡単施工で、快適な走歩行ができる安全性、道路の景観保持を実現します。

標準断面図
  • 標準断面図
  • 標準断面図

施工事例

  • 山形県寒河江地区
    山形県寒河江地区
  • 岩手県奥州地区
    岩手県奥州地区
  • 宮城県石巻地区
    宮城県石巻地区
  • 福島県いわき地区
    福島県いわき地区

その他事例一覧はこちらから

施工要領

  • ①防草及び蔦の侵入を防止する効果を高める為に現場打ちコンクリート、または、アスファルトの舗設が必要です。
    ①防草及び蔦の侵入を防止する効果を高める為に現場打ちコンクリート、または、アスファルトの舗設が必要です。
  • ②支柱の上部ブラケット取付け位置に印を付けます。
    ②支柱の上部ブラケット取付け位置に印を付けます。
  • ③支柱保護テープを印の上から巻き付けます。
    ③支柱保護テープを印の上から巻き付けます。
  • ④所定の位置に上部ブラケットをUボルト、ボルト、ワッシャを使用し、取付けます。
    ④所定の位置に上部ブラケットをUボルト、ボルト、ワッシャを使用し、取付けます。
  • ⑤上部ブラケットにボルト、ナット、丸ワッシャ、スプリングワッシャで上部ビームをセットします。
    ⑤上部ブラケットにボルト、ナット、丸ワッシャ、スプリングワッシャで上部ビームをセットします。
  • ⑥下部ブラケットを上部と同じ要領で取付け、下部ビームをセットします。また、下部ビーム抜け止めのボルトをナット、丸ワッシャを使用し下部ブラケットにセットします。
    ⑥下部ブラケットを上部と同じ要領で取付け、下部ビームをセットします。また、下部ビーム抜け止めのボルトをナット、丸ワッシャを使用し下部ブラケットにセットします。
  • ⑦ネットフェンスを結束バンドで上部ビームに仮固定し、所定位置に穴を開け、ボルト、ナット、ワッシャで取付けます。
    ⑦ネットフェンスを結束バンドで上部ビームに仮固定し、所定位置に穴を開け、ボルト、ナット、ワッシャで取付けます。
  • ⑧ネットフェンスを下部ビームの所定位置に穴を開け、ボルト、ナット、丸ワッシャで取付けます。
    ⑧ネットフェンスを下部ビームの所定位置に穴を開け、ボルト、ナット、丸ワッシャで取付けます。
  • ⑨蔦返しボードを上部ビームにスライドさせながら取付けます。
    ⑨蔦返しボードを上部ビームにスライドさせながら取付けます。
  • ⑩蔦返しボードをサポートバーで固定します。(角ワッシャとボルト、ナットでセット)また、蔦返しボードズレ止めボルトをセットします。
    ⑩蔦返しボードをサポートバーで固定します。(角ワッシャとボルト、ナットでセット)また、蔦返しボードズレ止めボルトをセットします。
  • ⑪隣同士の蔦返しボード部分に連結ボードをビスと丸ワッシャで固定します。
    ⑪隣同士の蔦返しボード部分に連結ボードをビスと丸ワッシャで固定します。
  • ⑫防草・蔦返しフェンス設置完了。
    ⑫防草・蔦返しフェンス設置完了。

その他製品

製品一覧はこちらから

お問い合わせはこちら

ページトップへ