製品紹介
Product

LPF基礎ブロック紙型枠

LPF基礎ブロック紙型枠

※クリックすると動画が再生されます。

製品特長

重量を必要とする基礎ブロック施工の従来施工は、プレキャストコンクリートで重機が必要となり危険度が高まり更に高価となります。そこで簡単施工を目的に手軽な人力施工が出来る「LPF基礎ブロック紙型枠」を開発いたしました。
紙型枠本体をしっかりと固定する為のエッジボードアンカーを備え、更に支柱の取付はトラックロープを固定ピンに巻き付けるだけの簡単施工。一連の施工がスムーズに行えるよう機能性を取り入れた「LPF基礎ブロック紙型枠」。地球環境にやさしいエコロジー工法を目的に開発いたしました。創意工夫新提案の工法として採用いただける事を希望致します。

規格図
  • 規格図
施工要領図
  • 施工要領図

マッチングイメージ

  • マッチングイメージ1
  • マッチングイメージ2
  • マッチングイメージ3
  • マッチングイメージ4

施工要領

※クリックすると動画が再生されます。

※トラックロープ(綿)φ6mm 長さ4m程度を使用して支柱取付けを行います。
※固定ピンはφ16mm L=1500mm

<規格>300×300×450

  • ①LPF型枠を所定位置にセットし、固定ピン(4本)をしっかりと打ち込んで下さい。
    ①LPF型枠を所定位置にセットし、固定ピン(4本)をしっかりと打ち込んで下さい。
  • ②LPF型枠内に支柱を立てて下さい。
    ②LPF型枠内に支柱立てて下さい。
  • ③固定ピン(1カ所)にトラックロープをしっかりと結んで下さい。
    ③固定ピン(1カ所)にトラックロープをしっかりとんで下さい。
  • ④ロープを支柱に巻き付け(2重)ながら対面の固定ピンに巻き付けて下さい。
    ④ロープを支柱に巻き付け(2重)ながら対面の固定ピンに巻き付けて下さい。
  • ⑤巻き付けたロープを折り返し支柱に巻き付けながら元のピンに巻いて下さい。
    ⑤巻き付けたロープを折り返し支柱に巻き付けながら元のピンに巻いて下さい。
  • ⑥そのロープを左、右どちらかの固定ピンに巻き付けて下さい。
    ⑥そのロープをどちらかの固定ピン巻き付けて下さい。
  • ⑦④、⑤作業を繰り返して、4面の固定ピンにロープを巻き付けた状態にして下さい。
    作業を繰り返して、4面の固定ピンにロープを巻き付けた状態にして下さい。
  • ⑧最後のピンにロープを巻き付けたら、しっかりと結んで下さい。
    ⑧最後のピンにロープを巻き付けたら、しっかりと結んで下さい。
  • ⑨LPF型枠の支柱取付け完了。※完了後、支柱位置調整が必要な時には人力で動かすことが可能です。
    ⑨LPF型枠の支柱取付け完了。
    ※完了後、支柱位置調整が必要な時には人力動かすことが可能です。

㊟LPF本体は湿度が高い場所を避け、屋内での保管をお願いいたします。

製品一覧はこちらから

お問い合わせはこちら

ページトップへ